112.9kgからのダイエット日記

112.9kgからカッコ良いおじさんになるための奮闘記

【ダイエット】ストレッチ(1)

スポーツジムのインストラクターから聞いた話


『筋トレで痩せることを考える前に筋肉の質を変えた方が良い』


20131012-1
2006年ベストジーニスト、左から倖田來未さん(歌手)、荒川静香さん(フィギュアスケート金メダリスト)、中田宏(元横浜市長)、釈由美子さん(女優)


芸能界でもスタイルが良い釈由美子さんと金メダリストの荒川静香さん。
スマートさでは甲乙つけがたいですが、そんな荒川静香さんが3回転のジャンプを跳べたり、フリースケーティングで4分間も滑り続けることができるのはなぜか。


それこそが筋肉の質の違いというものだそうです。

マッチョな体だから筋肉の質が良い訳ではなく、
普段は筋肉が無さそうに見えても、力を出すときにどれだけ引き締まれるかが大事とのこと。


そのような筋肉の効用は
●怪我をしにくい
●怪我をしても治りやすい
●使うエネルギーの量が少なくて済む
●筋肉が固まりにくく血流を妨げない
とのことです。


体には筋膜があり、内臓や筋肉が本来あるべき場所に整える働きをします。
この筋膜が大きく強くすることが筋肉の質を上げるということです。


そのために
●ストレッチ
●体操
を行うことが大事。



どんなスポーツ選手でもストレッチや体操をやります。

怪我をしないためという理由もありますが、筋肉の質を高めるためでもあるわけです。


トレーニングをして筋肉を大きくするより
筋肉の質を変えることで体脂肪・血糖値・血圧を下げることもできますし
血流が増えることで冷え性などにも効果があるとのこと。



PageTop